5分でわかる日本エアロスペース

日本エアロスペースの特徴・強みを5分で解説!

日本エアロスペースとしての使命と今後の展望

所要時間 1分
日本エアロスペースとしての使命と今後の展望

日本エアロスペースが目指すのは、「時代を先取りした、新たな航空商社モデルの提案」です。
市場の中で企業として勝ち残り、成長を続けるためには、市場の変化に合わせて自らを変革し、顧客に必要とされる価値を創り続ける必要があります。これまでの歩みを通じ、日本エアロスペースは"ニッチトップ商品の開発力"、"顧客第一主義をベースにしたサービス体制"を創り上げてきました。そして我々が今取り組んでいるのは、従来の商社の発想を超えて"専門的な技術を必要とするサービス"を各分野で提供することです。 このため、東京ヘリポートや羽田空港に拠点を築き、いわゆる総合職・事務職に加えて積極的に技術者を採用しています。皆さんが入社して4-5年経つ頃には、今とは全く異なる新しい日本エアロスペースに生まれ変わっていることでしょう。

本部紹介

所要時間 2分

航空機本部

国内ジェネラルアビエーション業界での圧倒的な実績とプレゼンス
航空機本部

航空機本部は、小型航空機、航空機用装備品、及びヘリコプター用エンジンを主に取り扱っており、それぞれの分野で圧倒的な実績と顧客ネットワークを持っています。またJACならではのユニークな取組みとして、エンジンメーカーと共同で東京ヘリポートの「サフラン・ヘリコプター・エンジンズ・ジャパン 東京サポートセンター」を運営し、お客様の立場に立ったメンテナンスやトレーニング等のサポートを提供しています。国内の災害救助や報道の第一線で活躍する多くの機体を供給・サービスしていることが我々航空機本部の誇りです。

宇宙航空機器本部

幅広いネットワークを通じて顧客が必要とする商品・サービスを提供するソーシング能力
宇宙航空機器本部

宇宙航空機器本部は、防衛省・自衛隊様、及びその装備品運用を支える国内主要メーカー各社様に、海外の最新鋭のシステム・コンポ―ネント・パーツを供給することで、日本の平和と安全保障に貢献しています。長年培ってきた優良商権を育て、改善していく一方で、常に最新の技術に目を配り、お客様の「ワンストップサービスプロバイダー」を目指して新たなビジネスを創り、拡大し続けています。

ソリューションシステム本部

答えはアイディアの中に…より効果的な運用がかなう様に一歩先をゆく解決策をご提供
ソリューションシステム本部

ソリューションシステム本部は、セキュリティを中核としたソリューションをお客様に提供しています。益々切迫するテロの脅威と背景に、空港や原子力発電所、官公庁等でのセキュリティ対策のレベルアップが日本における緊喫の課題となっています。また、データセンター等でも情報漏洩対策として高度なセキュリティ機材の設置が進んでいます。そして単なるセキュリティ機材の輸入販売にとどまらず、設置や保守サービスまで自社で手掛ける体制を整えることで、お客様に最適なソリューションを提供するのが私達ソリューションシステム本部の使命です。

数字でみる日本エアロスペース

所要時間 2分
1952年創業
1952年創業

第二次大戦後に連合国によって禁止されていた日本の航空機産業が再開されたのが1952年。この年に、日本エアロスペースの前身である野崎産業航空機部が発足しました。以来60年超に亘り、業界の草分けとして日本の航空産業の発展に貢献してきました。

44
44%

日本で登録されている小型航空機の内、約44%が日本エアロスペースが販売した機体です。大手商社がリース等で取扱っているような大型航空機とは異なるニッチな市場で、圧倒的な業界トップの実績を誇ります。小型航空機以外でも、ニッチ市場で圧倒的なシェアを押さえ、他社が提供できないサービスをお客様に提供するのが日本エアロスペースです。

39
39%

日本エアロスペース(単体)社員の内、女性比率は39%、総合職(管理職除く)は23%です。優秀な人材は性別・国籍を問わず積極的に採用し、活躍しています。また、過去5年間で育児休業を取得した女性社員は計5人(1人平均1.8回)、育児短時間勤務制度は現在4名の社員が利用しています。日本エアロスペースでは、仕事と育児・介護の両立を支援する為、社員ひとりひとりの個別事情を勘案し、支援をしています。

40.1
40.1歳

全社員の平均年齢は40.1歳。大卒新入社員22歳と定年60歳の中間値が41歳なので、程よいバランスです。ベテラン社員が長年蓄積してきた知識やノウハウを、若手・中堅社員に継承していくことは、会社が成長を続ける中で最も重要なことのひとつと考えています。適切な人員構成を維持しながら業容を拡大するため、新卒採用・キャリア採用を計画的に進めています。

25.4 時間
25.4時間

社員の平均月間残業時間です(管理職等、時間管理対象外の社員は除く)。 月平均の出勤数が約20日なので、一日1時間くらいの残業が平均という事になります。大きなプログラムが佳境に入った時などはもちろん忙しいですが、逆にそんなときの方がオフィスは活き活きとしています。メリハリとバランスが取れるように心がけています。