Interview.07

航空機を安全に運航して
いただくために、
お客様と海外メーカーとの
架け橋として活躍。

管理職

Fumiaki Ito

伊藤 文彰(イトウ フミアキ)

宇宙航空機器本部 名古屋営業部
1994年入社 法学部 法律学科卒

伊藤 文彰のメインビジュアル
伊藤 文彰の画像1

ー 入社からこれまでのキャリアを教えてください。

1994年に当社の前身である野崎産業(株)に入社。最初の所属先である国際商品部で東京、ロンドン、シカゴの市場で原糖(砂糖の原料)の売買及び、調達した原糖の輸入業務に従事。入社4年目に縁あって宇宙航空機器本部に異動。その後は本部内で2度の転勤(名古屋、ロサンゼルス)を経て、現在は2回目の赴任地となる名古屋支店で航空自衛隊及び日系防衛装備品メーカー各社とのビジネスに従事しています。

ー 事業の強みとミッションを教えてください。

航空機ビジネスは機体を取扱う華やかな業務がある一方で、その機体を安全に運航する為の維持整備に不可欠な部品を供給する事も大変重要な業務です。当社はアメリカ、ヨーロッパ各国にある独自の高い技術力を持ち評価を受けている製造メーカーの各社と代理店契約を締結しており、彼らの日本における代理店として日本のお客様に向けて製品を開発、提供しています。
航空機は一つの部品でも欠陥があると最悪の場合墜落する危険性と向き合っています。そのため、厳しい検査基準に合格した質の高い製品を提供して安全に運用していただけるよう、日々お客様とメーカーとの架け橋として活躍しています。

ー 仕事の難しさや醍醐味、やりがいは?

航空機は先進性と安全性が熟考された技術の塊が飛んでいるようなものです。この技術の塊を日本のメーカーに売り込むには自分がその商材を理解し、競合する製品より魅力を持たせる提案しなければなりません。そのためには、実際に欧米メーカーに足を運んで協議をする機会が多々ありますが、文化や考え方が異なる人たちと討議する中で互いに理解を深め、日本のお客様に提案した結果、採用された際の達成感は大きな醍醐味です。また、その業務を自分に託してくれていると思うと日本エアロスペースは懐が深い会社だと思います。
これまでのビジネスの中でも特に印象に残っている出来事があります。それは、当社が取り扱っているフライトシミュレータの中でもシステムの要となる装置の輸入元のイギリスの会社が、アメリカのライバル会社に買収されてしまった時のこと。しかも買収した会社は当社のライバル会社が代理店だったというおまけつきでした。我々としては後がない中で、買収した幹部に対するプレゼンを実施し、当社とビジネスを展開することによる優位性を説いた結果、従来の商権に加えて買収した側の商権も取扱うことに成功。現在も重要な商権の一つとして良好な関係を保っています。

ー どのような成長ができますか?

当社では若手社員にもある程度の業務の裁量を持たせてチャレンジさせる文化があります。海外の出張先では相談できる上司、先輩、同僚もいない中で、その場で判断をしなければならない等のシンドイ局面もありますが、このような経験を通じて、いわゆる商社マンとしてのバランス力が養えると思います。また、自分の意見を周りにしっかりと発し共感を得られることで社内はもちろん、国内外の取引先からも信頼を得られて、自身の成長を感じることもできます。この風土を積極的に活用して、失敗を恐れずに新しいことに挑戦し、最後までやり遂げようとされる方が活躍されています。

伊藤 文彰の画像2
伊藤 文彰の画像3

ー 今後の事業の展望、将来像を教えてください。

今、航空機業界は大きな転換期を迎えています。特に防衛産業については、これから新しい航空機の開発の話も出ていて、これらは国家事業ともいえる大きなプロジェクトが立ち上がる可能性があります。我々は欧米の製品を積極的に紹介して高い信頼性のある製品を提案していく予定です。また、当社の他部署と連携してモノの販売だけでなく、付加価値として技術サービスも提供できる体制作りを構築して業務の幅を広げていきます。

ー 応募者へのメッセージをお願いします。

当社が成り立っているのは先輩方の努力の結果。我が社の仲間になる事を検討されている皆さんにはこれからゼロからのスタートに立って我々と共に新しいビジネスを切り開いていただくことになります。雨垂れ石を穿つといわれるように、社会人になったら色々な困難や苦労もあると思いますが、直ぐにあきらめずに、懸命に取り組む覚悟があれば必ず道は開けてくると思います。ご自身が決めた道の中で日本エアロスペースに飛び込んでチャレンジしてみたいと思われる方はぜひ門を叩いてみてください。お待ちしています。

- PRIVATE TIME -

家族や友人たちと外出して楽しんでいます。夏から秋に掛けてはキャンプをしたり、この冬はスキーをしに雪山に行ってリフレッシュしています。また、先日は一念発起して、同僚と一緒にハーフマラソンにチャレンジしました。



伊藤 文彰の画像4

- OTHER MEMBERS -

廣岡 俊文
営業 廣岡 俊文

2018年度中途入社
先進技術ビジネス本部

玉熊 あや
営業 玉熊 あや

2013年度新卒入社
宇宙航空機器本部 宇宙航空機器部
ミッションシステムユニット

三浦 杏里子
管理 三浦 杏里子

2013年度新卒入社
経営企画部

藤谷 浩二
営業 藤谷 浩二

2017年度新卒入社
ソリューションシステム本部
ソリューションシステム部

市川 宗明
営業 市川 宗明

2014年度新卒入社
欧州駐在員事務所

伊藤 文彰
管理職 伊藤 文彰

1994年度新卒入社
宇宙航空機器本部
名古屋営業部

吉田 伸也
管理職 吉田 伸也

2001年度新卒入社
JAC USA,INC.
LA事務所